「気持ちいい」に、貪欲に

恋人じゃないけどセックスした。 ワンナイト、セフレ、彼女… なりたいポジションを手に入れるには?

恋人じゃないけどセックスした。 ワンナイト、セフレ、彼女… なりたいポジションを手に入れるには?

「大切にされたいなら、付き合う前にはセックスしちゃダメ」…って分かってはいるけど、子宮がときめいてセックスしちゃう夜もありますよね。ちょっとだけbitchに生きてきたコラムニスト・Betsy(べっつぃー)さんに、ワンナイト、セフレ、彼女などなど…なりたいポジションを叶えるための教えを伺いました。今夜から使える具体的なアドバイスが盛りだくさん!

ワンナイトで終わらせないためには“技”を磨く

いい感じのデートをした流れでセックス。楽しい時間を過ごせたはずなのに、翌日から急に彼がそっけない。「これってもしかして…ヤリ捨てされたの…!? 」。そんなことが一度ならともかく、何人も続いてしまう。そんなあなたに、初回のセックスで「またあの娘に会いたい」と思わせる手っ取り早い方法を教えましょう。

それはずばり、“フェラチオと手コキを極めること”です。フェラと手コキが大好きな男性は多いので、これだけでもまた会える可能性はグンと上がります。

男性の下半身に、いざご対面となったとき、いきなり口に入れるのはナンセンス。 まずは指の腹を使ったフェザータッチで撫で上げて期待を高め、脚の付け根から徐々に舌を這わせていき、適度に焦らしたらやっと口のなかへ。

女性が性技を磨くポイント

・常に口の中と唇を、たっぷりと唾液で潤わせておきましょう。

・唇と舌、頬の内側をぴったりと密着させて反応を見ながらスピードをコントロールします。はじめは手も口も「ちょっと遅すぎるかな」と思うくらいにゆっくりと動かすことも、実は大切です。

・余裕があれば手は絶えず乳首や脚の付け根を優しく撫でまわしてみたり、わざと音を立てたりすることで刺激を加えます。

・ときには目をじっと見つめながら手だけでスローにもてあそんで、まだまだテクニックの引き出しがありそうな雰囲気を匂わせるのもいいでしょう。

こんな技術さえ身につけることができたら、初回のセックスから1週間も経たないうちに確実にまた会えます。定期的にお誘いが来るようになるでしょう。

また誘われた♡でも、どんな関係になりたいの…?

しかしそんなお誘いに喜んでいたのも束の間、始めはデートして食事してイチャイチャしてから自宅やホテルへ、という流れだったのに、いつの間にか呼ばれた場所に向かうとすぐにセックス…。そう、あなたのついたポジションはお手軽なセックスフレンド!

私はそれもいいと思うんです。この人とセックスしたいというお互いの欲が合致すれば、恋愛感情抜きで気軽にセックスを楽しめる関係もアリです。しかし「求めていたのはそういう関係じゃない!」という女性が実際には多いんじゃないでしょうか。勿論セックスから始まる恋愛もあります。最初のセックスと「付き合おう」という言葉の順番が逆になっただけだという場合もあるし、始めはセフレのような関係だったけど一緒にいる時間が楽しいと気付いて、いつの間にか付き合っていたということもあります。でもこれはごくごく一部の例であって、ほとんどの場合はダラダラとセフレ関係が続いて恋人に昇格することはありません。

「じゃあどうしたらいいの!?ワンナイトで終わってしまうのはイヤ!でもお手軽なセックスフレンドになってしまうのもイヤ!セックスから発展して付き合うことはできないの!?」
という声が聞こえてきそうですね。ワンナイトで終わってしまう人、不本意なセフレ状態から抜け出せない人、セックスしてからでも付き合える人。この違いは何なんでしょう。

「自分がどうしたいか」を腹に据えて臨むこと

実は、最初のセックスに誘われた時点でセックス後の関係はほぼ決まっているんです。それは、あなたが【流されやすい女性】か、それとも【流されない女性】なのかの違いです。

「どうしよう、ホテルに誘われたけどまだ早いかな…でも今日楽しかったし…ちょっとエッチな気分になってきたし…今度一緒に〇〇行こうって言ってたし…頑張って口説いてくれて気持ちも伝わってきたし…まあいいか」という感じで流されてセックスすることの多い人はワンナイトかセフレになってしまいます。

これは男性側からすると、口説いてベッドに連れ込むまでの間に押して押してまた押してゴールを決めたことで達成感を得ているので、相手の女性に対する興味を一気に失ってしまうんです。顔がめちゃくちゃタイプだとかフェラチオが抜群に上手いとかであればキープしてセフレ、そうでなければワンナイトで終了となります。

一方で、押されても決して流されることなく、セックスするかどうかを自分で判断できる人は、自分が「この人と今日セックスしたい」と思わない限り、どれだけ言葉巧みに押されても流されることはありません。少しでも「何か違うわ」と思えばセックスしないんです。
甘い言葉にも雰囲気にもブレずに冷静でいられるので、セックスだけが目当ての人がよく使うフレーズ、ガッついている人のギラついた目に気付いています。この時点でワンナイトで終わるセックスをしてしまう確率はかなり低いと言えます。

初回のセックス以降も雰囲気や押しに流されず「自分がどうしたいのか」をしっかりと持っているので、自分がセフレ関係を望んでいれば存分にそれを楽しむし、付き合いたいと思えば「で、私たち付き合うの?」と核心に迫り、あっさりと彼女ポジションを手に入れます。こういう【流されない女性】がワンナイトやセフレ問題で悩んでいるのを私は見たことがありません

流されてしまう女性たちへ。これであなたも大丈夫

問題は、押しに弱く流されてセックスしてしまう女性は、相手任せにすることに慣れすぎて、自分の直観で判断する力がついていないということです。こちらの話をよく聞いてくれるとか、楽しい気分にしてくれるとか、女性をその気にさせる常套テクニックにあっさりと心を動かされてしまいます。ハッキリ言ってしまえば男を選ぶ力がないんです。だからセックスだけが目当てなのかそうでないのか気付くことができずに、同じことを繰り返してしまいます。

いつも流されてセックスしてしまう人、その結果ワンナイトで終わりがちな人、セフレから抜け出せない人は、まずは早い段階でセックスすることを辞めてみてはどうでしょう。自分はその相手のことに本当に興味があるのか、今後も会いたいのかを自分で判断して、相手がただのヤリチンかそうでないのか冷静に判断できるまではセックスしないんです。それまではムダ毛の処理しないとか、上下バラバラでダサい下着を着けて会うようにして、「今日は絶対にセックスできない」という状況を作っておきます。たった数回のデートでセックスできずに連絡が減ったり冷たい対応をされたりするのなら、もともとセックスだけが目当てだったと考えて間違いないです。

ワンナイトや不本意なセフレ状態はもうやめて、押しに流されず自分で男を選べる女になり、「あの娘にまた会いたい」と思われる女になりましょう!

Betsy(べっつぃー)

プロフィール

Betsy(べっつぃー)

セックスとメタルとおむすびを愛する米食系ビッチ。 小学生で性に目覚めて以来頭の中はエロだらけ。 趣味はAV鑑賞。

Twitter:@BitchyBetsy
Blog:http://betsy69.blog120.fc2.com/